複合化・球形化・表面改質

粒子の高機能化の為、異種素材を複合化する技術は欠かせないものとなっています。
当社は「FMミキサ」や「コンポジ」で粒子を超高速で撹拌することにより、混合・分散を行いつつ素材同士の複合化を高精度に実現しており、
次世代素材の製造を担っております。
また、不揃いな粒子形状は充填率低下やクラックの起点となることから、電池材等においては形状を揃えることが非常に重要な工程となっています。

複合化・球形化工程

ナイロン球(母粒子)+二酸化チタン(子粒子) → 複合化 → 複合化後のイメージ ナイロン球(母粒子)+二酸化チタン(子粒子) → 複合化 → 複合化後のイメージ
天然黒鉛 → 球形化 → 球形化後のイメージ 天然黒鉛 → 球形化 → 球形化後のイメージ
FMミキサのイメージ FMミキサのイメージ
FMミキサ 詳細ページへ
コンポジのイメージ コンポジのイメージ
コンポジ 詳細ページへ

処理例

処理品名操作型式参考処理能力
正極材複合化CP15〜50kg/day
正極材複合化CP130〜200kg/day
電池材料混合分散・
表面処理
FM6001t/day
無機酸化物表面処理FM100050t/month

処理能力は、使用する原料・配合等により変動があります。

PAGETOP ↑
error: