トリゴナル

メディアレス分散・粉砕機

湿式粉砕・分散

  • 1パスor
    循環
  • メディア
    レス
  • 高粘度
    対応

高速回転と数十種類の刃の組み合わせで
メディアレス粉砕・分散を行えます

トリゴナルの粉砕、分散用途は、幅広く多くの業界で利用されています。トリゴナルは均質化、分散、乳化するだけではありません。粉砕、湿潤、繊維の分離なども可能にしています。その他にも、中和、重合、抽出、および解砕ができ、多くの用途に利用することができます。日本コークス工業は1970年代にトリゴナルを開発したドイツのSiefer社とアジア地区における独占販売契約を結び、販売を行っております。

SM290型

主な特長 FEATURE

  • あらゆる用途に対応するため、粉砕刃の組合せは数十種類以上。処理の内容によって、歯を選択します。

  • 遠心ポンプと同様の効果も持った粉砕刃で、ポンプレス運転が可能。システムが簡略化できます。

  • 非接触の刃で粉砕・分散を行うので、コンタミは極少量。素材の特性に影響を与えません。

  • ビーズミルは凝集体が多いスラリでは、スクリーンの詰まりが問題になります。トリゴナルで粉砕すれば、詰まりが解消できて、効率的に分散できます。

その他の特長

  • 世界で6000台以上の実績
  • 高粘度処理
  • 耐摩耗部材使用
  • ホットメルト処理
  • 隙間で粒径調整
  • 分解・洗浄が容易

素材例 MATERIAL EXAMPLE

  • 化学製品

    アスファルト、ゴム、製紙、繊維、セラミックス、感熱塗料、接着剤、シーリング材、プラスチック、ゼオライト

  • 食品

    大豆、卵殻、ドレッシング、ソース、チョコレート、フルーツジュース、海藻、カカオニブ、肉、澱粉

  • その他

    二酸化チタン、カーボンブラック、顔料、農薬、液体肥料、ローション、シャンプー、化粧品、スラッジ、ビーズミル処理前の予備粉砕

処理例 PROCESSING EXAMPLE

  • ポンプレス運転

    タンク内にA原料とB原料を入れ、プレミックスしながらトリゴナルに供給、処理して排出する(1パス運転)。またはトリゴナルでタンク内を循環させ、一定時間後排出することも出来ます(循環運転)。
    なおプレミックス済みの原料Xをタンクに入れ、トリゴナルで処理することも出来ます。
    <処理例>
    二酸化チタン、カーボンブラック、顔料の分散など

  • 液混合運転

    Aを貯槽からポンプで吸引昇圧してトリゴナルに供給、Bを別途ポンプで吸引昇圧してトリゴナルに供給、A、Bをトリゴナル内で処理して排出する。
    <処理例>
    ドレッシング、クリームの乳化など

  • 固液混合運転

    Aの固形分リッチの処理物をスクリューフィーダーでトリゴナルへ、Bの液状物はフィーダー中空軸を通りトリゴナルへ、トリゴナル入口で合流し処理して排出する。
    <処理例>
    チョコレート(カカオニブ、油)、豆乳(大豆、水)など

生産能力 PRODUCTION CAPACITY

    • SM180

    SM180型は最小のトリゴナルです。コンパクトな設計にもかかわらず、さまざまな分野で優れたパフォーマンスを発揮します。
    小さいけれどパワフル!

    • SM290

    SM 290型は、農薬、食品、製紙およびリサイクル産業、塗料、動物飼料、化粧品など、さまざまな分野で利用されてます。性能に比べて非常にコンパクトな構造が特徴です。

    • SM-D2

    アスファルト、化学薬品、塗料、コーティングの分野での大量生産に適しています。SM-D2型はリサイクルやバイオテクノロジー、さらには動物飼料分野でのパフォーマンスの良さに好評です。

    • SM-D3

    SM-D3型は最も強力で効率的なマシンです!常に十分なパワーを得ることができます。低い回転速度にもかかわらず、SM-D3は最大のパフォーマンスを備えています。パワーと大量生産が不可欠な産業に最適です。

  • 処理量の目安

    左の図は能力比の目安です。例えば、SM180型で素材15m³を1時間で処理できた場合、SM-D3型だと約100m³を1時間で処理できます。 SM-D3型はSM180型の6.5倍の処理能力があるため、生産時に設置台数やスペースの削減が可能です。

構造 STRUCTURE

  • 高速回転と数十種類以上の刃の組合せ

    刃は内側から外側に特徴的な刃を処理の内容によって3段組み合わせて取り付けます。この3段の組合せは430種類以上で最適な刃を提案することができます。また、刃の材質は耐蝕用と耐摩耗用の2種類があり、処理物によって使い分けします。
    この刃の組合せと40m/s以上の高速回転で今までメディアレス粉砕機では不可能であった、高硬度材料や高濃度材料なども粉砕することが可能になっています。

  • ドイツ品質+日本品質の融合

    粉砕部・軸受部品などの基幹部分はドイツのSIEFER社から輸入し、当社でフレームとモータを組み込み品質検査を実施します。ドイツの技術的な専門知識と最高レベルの職人技を組み合わせて作られたものを、日本の最高レベルの組み込み技術と品質検査で製品として完成させます。
    ドイツと日本のハイブリット製品をお試しください。

  • 直結駆動とベルト駆動が選べます

    ベルト駆動の場合は、プーリ選定によって回転数を任意に設計できます。そのため、当社ではベルト駆動を標準仕様としてご提案させていただいております。
    食品工場やクリーンルームではベルトの摩耗粉が問題になる場合もあり、ベルトを使わず、カップリングで直結することも可能です。

  • 冷却、加熱対応

    ケーシングに冷却または加熱用のジャケットを装備すると、処理中の温度範囲が広がり、適用範囲がさらに広がります。ホットメルト処理には加熱ジャケットは必須のアイテムになります。

ラインナップ LINEUP

  • 型式吐出量
    [m3/h]
    モータ出力
    [kW]
    回転速度
    [min-1]
    質量
    [kg]
    SM180157.5-374,800550
    SM2904015-1103,0001,000
    SM-D25515-1402,5001,500
    SM-D310045-2401,8002,400

関連商品 RELATED PRODUCTS

PAGETOP ↑
error: