アトライタ(湿式)

メディア撹拌型超微粉砕・分散機

ボール径:3~10mm

湿式粉砕・分散

  • バッチ
    タイプ
  • プレ粉砕
  • ボール

インキ・塗料、セラミックス、医薬、食品など様々な産業で活躍!

メディア攪拌型ミルは、アメリカのUnion Prosess社 Dr.Szegvarによって1940年代に開発され、特許申請後に「アトライタ」の名前で発売が開始されました。これにより「ボールミル」では1週間もかかっていた処理が数時間で処理できるようになり、広く普及しました。日本では三井三池製作所(現日本コークス工業)が1960年に技術導入し発売しています。
「アトライタ」で行われていた一部の処理はビーズミルに置き換わりましたが、 超硬、フェライト、窒化珪素、炭化珪素などの高摩耗性原料、金属の扁平化処理、チョコレート、炭酸カルシウムの連続スラリ化処理など、「アトライタ」ならではの処理は数多くあります。

MA15S型

主な特長 FEATURE

  • ボールをアジテータで強制的に撹拌し、ボールの衝突、せん断で処理物を粉砕します。ボールミルに比べ約10倍の能力になります。

  • 金属コンタミを嫌う場合には、接粉部を耐汚染仕様に変更することができます。ジルコニア、アルミナ、ナイロンなどにできます。

  • 構造が簡単で軸シールも不要なので、故障しにくいです。衛生管理がしやすく、食品、医薬品にも対応します。

  • 上部が開放されているので、連続的に粉と液体を投入する連続スラリ化装置としても使用可能です。

その他の特長

  • 幅広い原料サイズ
  • 高粘度対応
  • 密閉処理可能
  • 大径ボール使用
  • バッチ運転
  • スケールアップ容易

素材例 MATERIAL EXAMPLE

  • 電子部品

    ハード・ソフトフェライト、磁気テープ塗料、酸化鉄、アルミナ、チタン酸バリウム、炭化ケイ素、ジルコニア、バリスタ、電池剤

  • インク・塗料

    レジストインキ、顔料、塗料、グラビアインキ、オフセットインキ

  • その他

    チョコレート、砂糖、ごま、粉末食品、医薬バリウム、化粧品、各種金属、超硬、農薬

処理例 PROCESSING EXAMPLE

  • ボールミルとの比較

    左図は、湿式粉砕における硅砂の粉砕速度線図です。同容量の「アトライタ」と「ボールミル」で比較すると9μm に到達するのに「アトライタ」は0.5hrのところ「ボールミル」では4.6hrかかります。よって「アトライタ」の粉砕速度は、「ボールミル」に対して9.2倍になります。他の処理物においてもほぼ同一の速度を示すため、一般的に「アトライタ」の粉砕速度は、ボールミルと比較して約10倍速いと言われていますので、「ボールミル」での処理時間を把握すれば、「アトライタ」で粉砕テストをせずに到達時間の推定ができます。

  • メディア材質の比較

    ボール材質別の粉砕速度を比較したものです。メディアの嵩比重が大きい方が粉砕速度は速く、粉砕力が向上しています。ボールの比重も粉砕には重要なファクターであるため、注意が必要です。
    「アトライタ」であれば素材に適した材質のボールを使うことができます。

  • 回転速度の比較

    単純な粉砕では回転速度を速くすると粉砕スピードが上がります。
    しかし、「アトライタ」はエネルギ効率の関係から適切な回転速度があります。摩耗やエネルギ効率からMA-1S型は200min-1が標準回転数となってます。

  • その他の処理例

    処理物原料粒径(μm)到達粒径(μm)処理能力(kg/h)型式
    フェライト50.557MA15S
    水素吸蔵合金15015400MA100S
    超硬1.50.814MA30S
    酸化イットリウム40.617MA60S
    チョコレート-10600L/minMA60S(循環方式)
    ガラス41.411MA100S
    Zn扁平化31520MA100S
    炭酸セリウム(研磨材)30165MA200S
    PZT1.90.48MA100S
    カカオマス76935MA15S
    砂糖134120MA60S
    アルミナ50140MA10S
    炭酸カルシウム681027MA10S
    炭化珪素1368MA15S
    窒化珪素3㎡/g15㎡/g1.5MA15S
    石炭1492.55MA15S

生産能力 PRODUCTION CAPACITY

  • 実験、少量生産用

    • MA01S

    200mLからの少量に対応
    卓上サイズで、分解・洗浄が簡単に行えます。少量開発用、研究室に最適です。

  • 少量生産用

    • MA1S

    少量サンプル作りに対応
    スケールアップの基礎データをとることができます。

  • 量産機

    • MAS10S~210S

    中・大量生産に対応
    最大型式であるMA210Sでは1バッチ350Lの処理物が仕込めます。

  • 処理量の目安

    左の図はMA1S型で運転したときに、素材1.8Lを1時間で処理できた場合、大型機へスケールアップしたときの処理量の目安です。 MA210S型はMA1S型の152倍の処理能力があるため、生産時に設置台数やスペースの削減が可能です。

構造 STRUCTURE

  • メディア撹拌型湿式粉砕機

    「アトライタ(湿式)」は、円筒形の粉砕タンク内にメディア(ボール)と処理物を入れ、丸断面の棒状アームで撹拌し、粉砕・分散処理を行う非常に汎用性の高い湿式微粉砕・分散機です。アームの撹拌により粉砕タンク内のメディアが衝突や回転を起こしながら運動し、メディア間に挟撃された処理物を効率よく粉砕します。粉砕の因子は、衝突、せん断、圧縮、摩擦の単独および複合作用です。特にせん断と摩擦の複合作用である摩擦力は、微粉を得るのに非常に効果的に作用するため、高い粉砕能力と動力効率を持つとともに、シャープな粒度分布を得ることができます。また粉砕とともに分散が同時に進行し、高い分散性も兼ね備えているので、微量添加物を必要とする食品工業やセミックス、インキ、塗料、その他の化学工場など、多くの分野で使用されています。

  • 連続スラリ化

    「アトライタ」のタンク上部は解放されているので、連続的に原料粉と液体を投入することができ、連続スラリ化装置としても使用可能です。特に、スラリ化しにくい高濃度、高粘度材料でも、スムーズにスラリ化できます。また原料粒子径が大きく粉砕しにくい処理物でも、大きな粉砕ボールを使用するため容易に処理物を粉砕することができます。右図の工程のように湿式ビーズミルでは粉砕できないような大きな粒子径から粉砕を開始する場合のプレ粉砕機として最適です。

  • 大型機の実績

    左の写真は1190LサイズのMA210S型です。
    当社では5.5L、200L、300Lサイズのテスト機を常備してますので、適切なスケールアップやモータ容量の選定も容易に行えます。大型機を検討している場合は、当社にお任せください。

ラインナップ LINEUP

  • 型式粉砕タンク 全容量
    [L]
    標準ボール量
    [L]
    処理容量
    [L]
    モータ出力
    [kW]
    回転速度
    [min-1]
    質量
    [kg]
    MA01S0.80.40.40.245060
    MA1S5.53.51.80.4450160
    MA5S3012.575.5375850
    MA10S6025135.5/1.5145/36850
    MA15S10040205.5/1.5120/30900
    MA30S200110557.5/2.2110/281,200
    MA60S300130657.5/2.280/201,300
    MA100S47020010511/368/171,700
    MA210S1,19053227537/1156/143,800

関連商品 RELATED PRODUCTS

PAGETOP ↑
error: