UMミキサ

上部駆動ミキサ

混合

  • 上部駆動
  • 低速
  • 洗浄性

上部駆動で清掃性抜群
ペースト状材料の混合・分散に最適

「UMミキサ」は高速タイプの「FMミキサ」で培った技術をベースに攪拌羽根を上部駆動方式にした混合機です。上部駆動方式の採用により、ペースト状、高粘度材料の処理で起こりやすい軸シール部のトラブルや排出不良を解消しました。また軸シールからの液漏れが無いため、危険物(原子力廃棄物など)の混合・分散にも適しています。さらに、オプションの軸シールを使用することで、真空処理にも対応が可能です。
スケールアップを確実に行うノウハウが強みで、小型機のデータからでも高精度のスケールアップを行います。

UM500型

主な特長 FEATURE

  • 上部駆動方式を採用している為、軸シール部からの液漏れトラブルなどは発生しません。

  • オプションの軸シールを使えば、高真空での処理や不活性ガス雰囲気での処理が可能です。

  • 様々な処理を適切に行うためには、羽根の選定が重要です。当社では豊富な実績とノウハウから羽根の選定を確実に行います。

  • 羽根を外さなくても、羽根の洗浄が可能です。羽根を外して洗浄する「FMミキサ」に比べ、洗浄は簡単に行えます。

その他の特長

  • 脱泡処理
  • スケールアップ容易
  • 分解洗浄簡単
  • GMP対応
  • 多種多様な粉体操作
  • 耐摩耗処理

素材例 MATERIAL EXAMPLE

  • 混合・分散

    強力な対流混合・せん断混合、拡散混合によって、凝集物を解砕しながら短時間で均一に混合できます。解砕したくない材料にも対応できます。

  • 加熱混合

    強力な攪拌熱とジャケット加熱によって加熱混合します。

  • 溶解・ペースト処理

    チョコレート、バター、塗料パテ、蜜蝋、湿布薬などのホットメルト処理に利用できます。

  • ドライブレンド軟質PVC

  • 湿布薬

  • アルミナ+黒鉛

  • PEペレット+カーボン

  • ファンデーション

  • アイシャドウ

  • PVC+顔料

構造 STRUCTURE

  • 最適な運転条件をご提案

    「UMミキサ」は「FMミキサ」で培った技術をベースに攪拌羽根を上部駆動方式にした混合機です。回転する羽根によって、処理物は流動化して強力な上下の循環流(対流)を形成します。さらに上羽根によって強力なせん断力を受けます。これらによって短時間で分散混合ができます。さらに上部駆動方式の採用により、ペースト状、高粘度材料の処理で起こりやすい軸シール部のトラブルや排出不良を解消しました。

  • 数十種類の羽根の組合せ

    「UMミキサ」の羽根の組合せは数十種類。
    材料の特性や処理内容によって、上羽根と下羽根を組合せ、最適な流動状態を作りだします。
    左は標準的な羽根になります。処理によって、羽根の形状は変わります。種類の多い羽根を使いこなせるノウハウも、当社の強みとなっています。

  • UM500型

    小型機から大型機までラインナップ

    2Lから500Lサイズまで幅広くラインナップ
    研究開発から生産機まで幅広く対応することができます。
    粉体技術センターには10LサイズのUM10型を設置していますので、運転確認もすることも可能です。

ラインナップ LINEUP

  • 型式混合槽 全容量
    [L]
    処理容量
    [L]
    モータ出力
    [kW]
    回転速度
    [min-1]
    質量
    [kg]
    UM221.30.753,000150
    UM10962.23,000680
    UM2020133.72,800790
    UM757550111,8001,200
    UM150150100221,6003,000
    UM500500330551357,500

関連商品 RELATED PRODUCTS

PAGETOP ↑
error: