Home > 日本コークスニュース > セミナーのご案内

日本コークスニュース

2016/07/15
セミナーのご案内

「粉砕の基礎とビーズミルを利用した粉砕・分散技術とその応用」
セミナーのご案内
 

~粉砕で微粒子粉体を効率よく製造するコツ、メカノケミカル効果
として発現する微粒子の凝集現象とその防止策、ビーズミルを
用いた微粉砕技術とトラブル解決例~

・粉砕法による微粒子製造法とビーズミルを用いた微粉砕技術の
ポイントが修得できる講座

・粉砕の基礎から粉砕機の最適選定、粉砕を効果的に進める上での工夫、
トラブル・シューティング、メカノケミカル効果と対策などを修得し、
高品質な製品開発に活かそう!

開催日時 2016年07月27日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室

(講 師)
第1部 齋藤粉体技術研究所 所長
東北大学 名誉教授 工学博士 齋藤 文良 氏
専門:粉体工学、資源工学、化学工学

第2部 日本コークス工業(株) 化工機事業部 栃木工場
粉体技術センター 開発グループ グループリーダ
技術士(機械部門) 関根 靖由 氏

(プログラム)

第1部 粉砕の基礎と応用

1. 単一粒子の破砕
(1).粉体の生成 〜ビルドアップ法(成長法)とブレークダウン法(粉砕法)
(2).粉砕による微粒子製造のメリット・効果
(3).粉砕の目的
(4).粉砕の理解 〜強度の寸法効果、雰囲気中の水分の影響、荷重速度効果

2.粒子集合体の粉砕
(1).粉砕の4条件と粉砕機の特徴
(2).粉砕装置とその選定法
(3).粉砕・微粒化促進法、粉砕助剤の効果
(4).粉砕速度論
(5).粉砕効率向上のための様々なミル構造の工夫

3.ミルシミュレーションと最適操作
(1).ミルシミュレーションの目的
(2).DEMによるミルシミュレーションから得られる情報
(3).転動ミルに対するシミュレーション情報と実験情報との融合による普遍的な関係とその最適操作
(4).その他のミルへのDEMシミュレーションの適用

4.粉砕に付随して起こる現象(メカノケミストリー)と工学的利用
(1).粉砕の進行とメカノケミカル(MC)効果
(2).MC効果による非加熱材料合成
(3).MC効果を利用したナノ粒子合成(金属、酸化物、硫化物など)
(4).MC効果による粉体合成と化学的処理による有価物抽出
(5).粉砕による摩耗粉の材料プロセッシングへの利用
(6).MC効果と加熱処理によるバイオマスからの水素製造(エネルギー回収)

第2部 ビーズミルを利用した粉砕・分散技術とその応用

1.ビーズミルとは
(1).ビーズミルとは
(2).ビーズミルの歴史
(3).ビーズミルの種類
(4).ビーズミルの粉砕原理

2.ビーズミルの性能要因
(1).運転条件の決定(回転速度とビーズ充填率)
(2).粉砕室の形状と材質
(3).ビーズの材質とビーズ径
(4).エネルギー効率を考えた運転方法

3.トラブルシューティング
(1).スケールアップ
(2).軸封(メカニカルシール)
(3).摩耗とコンタミネーション

4.ビーズミルの将来

(講師の言葉)

粉砕、微粉砕は固体を砕いて粉をつくる操作であり、鉱山からの鉱石
処理をはじめ多くの産業分野で取り入れられている操作である。
本講演では、粉砕法による微粒子製造法について基礎と応用を分かり
易く解説し、併せて、微粉砕機として多用されているビーズミルについ
ての構造とそれを用いた粉砕例を紹介する。
すなわち、まず、粉砕の基礎知識として、単粒子破砕について解説し、
その結果を踏まえて粉砕機の選定、粉砕を効果的に進める上での工夫、
トラブル・シューティング、粉砕機内での媒体運動のシミュレーション、
粉砕で起こるメカノケミカル効果などを分かり易く説明する。更に、
微粉砕機として多用されているビーズミルについて解説する。ここでは
ビーズミルの歴史や粉砕原理からビーズミルの性能を支配する運転条件
について基礎から応用まで解説し、現場で発生したトラブル解決例を紹
介しながら、ビーズミルを取り扱いかたについて分かり易く解説する。


受講対象者
・粉体・材料・ナノテク・化学・機械・化粧品・食品・医薬品等関連企業の方
・ビーズミルによる微粒子生成、粉砕・解砕・分散業務に従事している方
・新素材の研究開発で微粒子・ナノ粒子を扱う方

予備知識
・特に必要ありません

修得知識
・粉砕で微粒子粉体を効率よく製造するコツが得られることと、その操作
において、メカノケミカル効果として発現する微粒子の凝集現象、粉体の
活性などが理解でき、その防止策(安全策)としての知識も得られる。
・ビーズミルを用いた微粉砕についての知識が深められる。

(受講料)
一般(1名) : 48,600円 (税込み)
同時複数申し込みの場合(1名) : 43,200円 (税込み)

*なお、講師紹介の場合は、本体価格より1割引きにさせていただきます。
---------------------------------------------------------------
◆申込方法:下記の担当 浦山までメールにてお申込願います。
折り返し受講票・地図・請求書をお送りします。

申込ご送付先
日本テクノセンター セミナー事業部 浦山
E-mail:urayama@j-techno.co.jp or
-----------------------------------------------------------------
セミナー申込
セミナー名: 「粉砕の基礎とビーズミルを利用した粉砕・分散技術とその応用」
会社名:
〒: 所在地:
正式所属:
お名前 : TEL:          FAX:
E―mail:
---------------------------------------------------------------