Home > 製品一覧 > 粉粒体プラント > 黒トナー製造設備

黒トナー製造設備

黒トナー

黒トナーの製造は、樹脂に数種類の添加剤を加え、計量、混合、混練分散、粗粉砕、微粉砕、分級、表面処理という代表的なプロセスで行われるのが一般的です。
計量に関しては、高精度の計量機を使用し、混合分散、表面処理に関しては当社独自の製品であるFMミキサを使用することによって、その機能を十分に発揮してきました。
そして、混練にはニーデックス、冷却固化にはベルトドラムフレーカを導入することにより、より高効率で高品質のトナーが製造できるプラントを提供できるようになりました。また、外添処理には最新式複合化機「コンポジ」をご提案いたします。


  • 製品:各種黒トナー
  • 設備能力:10~150/月

黒トナー製造設備

関連機器

混合機(ミキサ)・冷却固化機

10,000台を超える納入実績「FMミキサ」は粒子設計のパートナー
高速撹拌羽根による強力な混合力で高機能処理にも最適(トナー外添処理、表面コーティング処理、高分散処理等)


ベルトドラムフレーカ〔MBD型〕  
FMミキサ〔FM型〕 メカノハイブリッド〔MH型〕 ベルトドラムフレーカ
〔MBD型〕
 
混練機

ロールと押出機の長所を一体化、混練造粒機
強力な圧縮・剪断を生かした高分散処理を実現


ニーデックス〔MOS型〕 サーファー混練機〔MS型〕    
ニーデックス〔MOS型〕 サーファー混練機〔MS型〕    


新技術情報

新機種情報

トナー外添処理では、外添材であるシリカ粗粒子化によるトナー耐性向上の検討が進んでいます。
従来のFMミキサ、メカノハイブリットでは、粗シリカの外添処理は非常に困難であることがわかっております。当社は、新たに「コンポジ」を開発し、その要求に応えることに成功しました。また、従来のシリカでも高効率化、高品質化が図れます。


     
新しい粒子を創造する
粒子設計装置 COMPOSI
     

お問合せへ