FMミキサ〔FM型〕

高性能流動式混合機

混合機を越えた粒子設計のベストパートナー
高性能流動式混合機

 FMミキサは1962年にヘンシェル社より技術導入し、ヘンシェルミキサの名で販売開始。50年にわたり培った豊富な経験と粉体処理技術により、今なお進化し続けています。
 処理ノウハウをベースに開発された羽根形状は十数種類に及び、FMミキサより派生した開発機種は、最新の「コンポジ」「コンピックス」をはじめ、「メカノハイブリット」「真空乾燥システム」「TM造粒ミキサ」など数多く、広範囲の処理ニーズに対応します。
 更に、スケールアップを確実に行うノウハウが強みで、小型機のデータからでも高精度のスケールアップ推算が可能です。それをベースにスケールアップ機の設計・製造を確実に行うことができます。

構造

 FMミキサは高速回転する羽根によって、強力な混合力を発揮します。混合槽内の処理物(粉粒体、スラリー液等)は、下羽根によって回転力を与えられ、上方向に流動します。次に、上羽根によって強力に剪断されます。この剪断力の差が、きわめて短時間の分散混合を可能にします。

特長
  1. 短時間で処理が可能
  2. 混合、分散、乾燥、造粒、粉砕、表面改質、複合化、その他用途範囲が広い
  3. 多段羽根使用により、仕込み容量90%も可能
  4. 超高速仕様が可能(羽根先端速度100/s迄)
  5. 豊富なオプション仕様
    真空仕様、耐摩耗仕様、GMP対応、チョッパ、掻落し装置、強化ブロー、インバータモータ搭載等
  6. 保守、点検、掃除性を考慮した構造
  7. 機種は用途に応じ、バリエーションが豊富
用途
混合・分散

 強力な対流混合、拡散混合、剪断混合によって2種類以上の処理物を短時間で均一混合します。処理時間は2~3分で充分です。

乾燥・溶剤回収

 撹拌熱及びジャケット加熱により常圧及び減圧、真空化での乾燥が可能です。羽根の粉砕、真空下での乾燥が可能です。羽根の粉砕、解砕機能により混合と同時に微粒化された処理物ができます。コンデンサとの組み合せで溶剤回収を付加することもできます。

表面コーティング・改質、複合化

 混合槽内の原料の激しい動きは、原料を短時間で均一にコーティングします。ペレットのカラーリング、炭カルに脂肪酸やカップリング剤をコーティングするのに用いられます。

加熱混合

 強力な撹拌混合熱とジャケット加熱により処理物を加熱混合します。

造粒

 バインダによる造粒、加熱溶融造粒ができます。PPに木粉を加えての木質樹脂化処理、PPにタルクを加えての食器原料等、複合化造粒処理が行えます。

粉砕、解砕

レコードスクラップ等各種の樹脂成形品のスクラップ、金属酸化物、貝がら、玉子のから等の粉砕に用いられます。

溶解、ペースト処理

ホットメルト、チョコレート、バター、塗料パテ、蜜ろう、湿布薬等液状物の処理もできます。

仕様
FM型ミキサ
型式 FM 10C/I FM 20C/I FM 75L FM 150L FM 300L FM 500L FM 1000LP
全容量(ℓ) 9 20

75

150

300

500 1,000
処理容量(ℓ) 6 12 50 100 200 330 660

高さH(mm)

775
(985)
930
(1,180)
1,440
(1,730)
1,580
(2,010)
1,800
(1,900)
2,030
(2,160)
2,550
(2,720)
幅W(mm) 330 500 600
(850)
720
(910)
920
(1,530)
1,040
(1,740)
1,270
(2,130)
長さL(mm) 900
(1,000)
1,060
(1,180)
1,870 2,070 2,640 2,980 3,600
電動機出力(kW) 2.2 3.7 18.5/9.3 30/15 55/27 75/37 150/75
蓋の開閉 縦開き 縦開き 縦開き 縦開き 横開き 横開き 横開き
排出弁 手動 手動 圧気動 圧気動 圧気動 圧気動 圧気動
質量(kg) 140 200 600 1,000 1,800 2,200 5,500
備考 インバータ インバータ 二段変速 二段変速 二段変速 二段変速 二段変速

(注) 1. 高さ、幅、長さの( )内寸法はデフレクタ、蓋、排気弁などのストローク作動を含めた最大寸法を示します。
  2. 電動機出力は標準の場合を示します。
FD型ミキサ
型式 FD 20C/K FD 150L/K FD 300L/K FD 500LC/K FD 1000L/K
全容量(ℓ) 45 350 650 1,050 2,600
処理容量(ℓ) 15 100 200 330 660

高さH(mm)

900 1,580 1,860 1,730 2,130
幅W(mm) 600 1,200
(1,800)
1,300
(2,060)
1,600
(2,500)
2,270
(2,800)
長さL(mm) 1,090
(1,240)
1,880 2,350 2,800 3,680
電動機出力(kW) 2.2 7.5 11 15 30
蓋の開閉 縦開き 横開き 横開き 横開き 横開き
排出弁 手動 圧気動 圧気動 圧気動 圧気動
質量(kg) 250 850 1,000 1,600 4,000
備考 インバータ 定速 定速 定速 定速

(注) 1. 高さ、幅、長さの( )内寸法はデフレクタ、蓋、排気弁などのストローク作動を含めた最大寸法を示します。
  2. 電動機出力は標準の場合を示します。


混合 分散 解砕 乾燥 造粒 反応 混練 粗・中粉砕 冷却 コーティング改質 複合化 溶解

お問合せへ