トリゴナル〔SM型〕

高速せん断型メディアレス粉砕機

トリゴナル

メディアレス分散機が必要とされる理由

メディアレス分散機が必要な理由

(例えば、重合法やプラズマ法などで作られた一次粒子径10ナノ程度の凝集体(数ミクロン)を解す処理などには可能性がある。ただし、固い凝集体が含まれると、どうしても凝集体が残るなど分散不良になる。)
 

ビーズミルとメディアレスの組合せによる相乗効果
 

 トリゴナルは1970年代にドイツ Siefer社が開発したメディアレスの高速粉砕機です。現在までに世界で数千台の販売実績のある高性能粉砕機です。
 当社では開発当初よりSiefer社と代理店契約を締結し、国内での販売をおこなっております。

構造
ディスク型の回転刃とこれに対応する固定刃で構成され、回転刃、固定刃には周上に多数の刃を有し、内側から外周に向けて3段の刃を備えた高速せん断型の粉砕機です。
ローターの回転によって発生する遠心力によって処理物は円周方向に放出され、固定刃上を移動する際に回転刃で強力なせん断力を受け、粉砕が行われます。
ポンプ作用があり、同時にポンプとしても使用できます。
トリゴナルの構造
特徴
  • あらゆる用途に対応するため、歯の組合せは数百種類あります。
  • ポンプ能力があるため、ポンプ無しで処理が可能です。
  • アスファルトなどの高粘度流体の処理も可能です。
  • 非接触のメディアレス分散機のため、コンタミは極力少ないです。
トリゴナルの特徴
用途

ゴム+アスファルト、製紙、繊維、セラミックス、廃棄物化粧品、感熱塗料、卵殻、大豆などの食品

仕様
型式 SM102-28 SM180 SM290 SM-D2 SM-D3
最高許容圧 MPa 注(1) 1.6 1.6 1.6 1.6 1.6
最高許容温度 ℃ 200 200 200 200 200
配管口径(入・出口) 1B 2 1/2B 4B 4B 6B
最大材料大きさ mm 注(2) 5 6~7 15~20 20~25 20~25
電動機 kW 3~11 7.5~37 15~110 15~140 45~240

製品質量 kg 注(3) 45 160 240 530 980
本体全長 mm 510 965 995 1,165 1,460
本体高さ mm 250 415 480 610 790

注(1) 加熱、冷却用ジャケット付き(HK)もあります。(SM180HK、SM290HK、SM-D2HK、SM-D3HK)
注(2) 処理物によって異なります。
注(3) 本体のみ(除くモーター及びベース)

お問合せへ