Home > 製品一覧 > 粉粒体プラント > 粉体塗料製造設備

粉体塗料製造設備

粉体塗料

粉体塗料は、樹脂・体質顔料を主原料とし、これに着色顔料・添加剤を加え計量、混合分散、溶融混練、冷却固化、粗粉砕、微粉砕、分級、充填というプロセスで製造します。
塗料の製造では、分解清掃性のよい少量多品種に対応する設備が要求されます。
計量工程では、計量台車に乗った容器が原料ホッパの下を移動しながら所定量の原料を受け入れ、FMミキサにて混合分散を行います。
それに加えて、溶融混練には押出機ではなく当社オリジナルのニーデックス、冷却固化機としてコンパクトなベルトドラムフレーカを開発したことにより、ほとんどの単位操作を自社製品で行うことができるようになり、より信頼性のある粉体塗料製造プラントを提供できるようになりました。


  • 製品:ポリエステル系、エポキシ系粉体塗料ほか各種粉体塗料
  • 設備能力:50~300/月

粉体塗料製造設備

関連機器

混合機(ミキサ)・冷却固化機

10,000台を超える納入実績「FMミキサ」は粒子設計のパートナー
高速撹拌羽根による強力な混合力で高機能処理にも最適(トナー外添処理、表面コーティング処理、高分散処理等)


ベルトドラムフレーカ〔MBD型〕  
FMミキサ〔FM型〕 メカノハイブリッド〔MH型〕 ベルトドラムフレーカ
〔MBD型〕
 
混練機

ロールと押出機の長所を一体化、混練造粒機
強力な圧縮・剪断を生かした高分散処理を実現


ニーデックス〔MOS型〕 サーファー混練機〔MS型〕    
ニーデックス〔MOS型〕 サーファー混練機〔MS型〕    

お問合せへ